金融期間からの借入

金融機関を借り換えする

金融機関を借り換えして負担軽減

金融機関からの借入には「金利」がかかります。金利の設定は各金融機関によって異なっていて、例えば「金利3.0~15.0%」という設定範囲のところもあれば「金利1.0~18.0%」という設定のところもあるということです。この金利という存在が非常に重要で、100万円を借り入れている状態で金利1%の違いがあれば発生する利息は1万円(年間)変わってきます。より少ない利息で利用出来る状態ほど返済の負担が軽くなるため、その時利用している金利設定よりも低い設定のところから「借り換え」をすることで状況を改善することが出来ます。

「機関」という名の付く意味

「金融」を扱うお店。スーパー、電気店、レストラン、花屋、など世の中には様々なお店があります。お店はありますが、「バンク」というお店は、店は店でもただのお店ではありません。「金融機関」にも様々な種類はあります。銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫等々知っている、知らない、扱っている商品だって様々。同じような内容でも「預金」「口座」「貯金」と言い方もいろいろ。難しく、堅苦しく、面倒なイメージを持つ方も少なからずいると思います。でも、人々の暮らしを支える原動力からこそ、「機関」なんて名前がついでいるんですね。人々の生活の潤滑油を扱うお店。それが、このお店の正体なんだと思います。

↑PAGE TOP