金融機関でお金の相談

金融機関でなんでも相談を

金融機関相談窓口の積極的な活用

金融機関はお客様から大切なお金を預かったり、必要なお金を個人・企業に融資したりするところです。また、必要に応じて、送金や手形割引等を行い、必要な時に必要な金額を用意し、市民生活に必要不可欠な存在と考えられます。どの金融機関を訪問しても、店舗を構えているところであれば必ず窓口があります。企業の運転資金を借りる、あるいは住宅ローンを組む、カードローンを作ってみたい、どんな些細なことでも相談に乗ってくれるはずです。銀行・信用金庫・農協など、私たちの周りにある店舗をたずね、困っていること、聞きたいことなど、何でも相談すべきです。そこから何かが生まれます。お金の専門家集団なのですから、お金に関して豊富な知識と経験がありますし、ノウハウがあります。進路を決めたいとき、是非活用したいものです。

いろいろある金融機関の種類

一口に金融機関と言いましても、その種類は実に様々あります。今回は、具体的にどんなものがあるのか見て行きます。まず大きくは、中央銀行と民間と公的機関に分かれます。中央銀行は日本銀行です。民間の中には、銀行と証券、保険会社があります。さらに銀行の中には、普通銀行、長期、協同組合の3種類が存在します。長期とは信用銀行や信託銀行が該当します。協同組合には、信用金庫や信用組合、労働金庫が入ります。公的な組織としては、日本政策投資銀行など民間では融資がしにくいものへの貸付を行うものや住宅金融公庫のように私たちの住宅ローンを賄ってくれるところなどがあります。

↑PAGE TOP