金融機関の業務の範囲

金融機関の取り扱う商品

金融機関で取り扱いがあるもの

金融機関では、色々な商品を取り扱っています。また、商品だけではなく、例えば「交通反則金」などのような、所謂、国庫金となるものも取り扱いをしており、スピード違反などで捕まってしまった際の罰金を支払う場所も、金融機関となっています。商品としては、「国債」「株」などを取り扱いをしているところも多く、また、「国債」などに関しては、証券外務員と呼ばれる資格を持っていなければ、お客様がいくら希望をしていても、販売を一切してはならないことになっています。この他に「投資信託」に関しても同様であり、利益が出ることがある一方で、元本が割れてしまう可能性が高い商品でもあるからです。

金融機関で働く際は信用が重要

金融機関で働くなら、信用が重要になるので、クレジットカードは作らないほうがいいという意見もあります。しかし、クレジットカードを持っていても、延滞をせずに利用をしているなら、それほどマイナスにはならないでしょう。消費者金融については、利用をしないほうがよいという意見も多いようです。お金を扱う仕事では、お金に対してルーズな人は嫌われる傾向があります。延滞をしている場合はもちろんですが、借金をしながら生活をしている人も、信用が下がります。クレジットカードを作るにしても、キャッシング枠はゼロにしておいたほうがよいでしょう。

↑PAGE TOP